アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

マウスピース矯正って実際どうなの!?メリットとデメリットを検証してみた

z1

 

 

歯並びに悩む女性は多いですよね。でもやっぱり矯正具をつけるのって痛いらしいし、見た目も気になるからためらっている…という声もよく聞きます。では、透明で目立たないマウスピースによる矯正ってどうなんでしょう??そのデメリットも知っておきたいですよね。リアルな声をまとめてみました。

 

 

マウスピース矯正のメリット

 

z2

マウスピースによる矯正は透明度が高く目立ちにくいため、接客サービス業などをしている方や、やっぱり見た目を気にしたい女性にはすごくありがたい存在です。あまり人に指摘されたくない、という人もマウスピースならほとんどほかの人からは目につかないとの声が大多数でした。同じく人から見えにくいマルチブラケット装置という、歯の裏につける矯正具もありますがこちらは金額が高くなりがちです。

そして食事や歯磨きの時は自分で外すことができ、また装着もカンタンなのでどうしてもつけられない時など融通も利きます。ほかの矯正具に比べて自分でキレイに保つ・管理することができるので、虫歯のリスクも下がります。

目立たないながらにその矯正能力が従来の矯正具に劣るわけでもなく、矯正にかかる期間もほとんど差がないとのこと。そして従来の矯正具に比べて滑らかな加工面のため、口中にあたる痛みも少なくできるので、ストレスも少なく矯正できたという人は多いようですね。

 

 

 

デメリットも知っておこう

 

z3

個人差はありますが、1日20時間以上の使用で、歯の位置が変わってきたら新たに歯型を取り定期的にマウスピースを交換する必要があります。そのため使用期間や時間をしっかり守れる自己管理が必要となります。

そして使用環境によっては、マウスピースは薄いプラスチック製のため割れてしまうことがあります。たとえば保管の仕方や、寝ているあいだの歯ぎしりの強さなど噛み合う部分まで覆ってしまうマウスピースは負担がかかりそこから割れてしまうことも考えられます。

定期的に歯型を取りなおすので矯正の度合いが大きい(=ズレやねじれが大きい)と時間も費用も掛かってしまうということです。どちらかというと大きなズレは従来の矯正具のほうが向いているかも知れません。奥歯の奥などもマウスピース矯正には不向きといえるでしょう。

 

 

金額はどれくらい??

z4

もちろん、治療期間や程度によりますが一般的にはマウスピース矯正のほうが、従来のブラケット矯正よりも安く済むことが多いようです。

内訳としては、日本で一番よく使用されるアイソアライナーというマウスピースで治療費32万円~、処置料18万円~と、大体50万円ほどの費用がかかります。

ブラケット装置での矯正だとまず設置に80~100万円ほどかかるのが一般的なので、程度が軽いズレならマウスピース矯正は断然お得といえるでしょう。

 

 

マウスピース矯正も、コンピュータによって歯の形を解析して最も良いマウスピースを製作できるようになっていたり、技術も進化しています。相談してみてキレイになる期間や金額なども相談できる歯科が増えています。笑顔に自信を持ちたいならまず歯並び♡気になっている貴女はチャレンジしてみても良いかも。

関連する記事

カテゴリー