アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

「マウスピース矯正」なら、透明だからわかりにくい!やり方

2017-05-18-17-19-33

歯並びや噛みあわせで日常生活に支障が出ていませんか?

大きく口を開けて耳の下・顎の付け根あたりがパキッという方は要注意!

将来的に顎関節症になったり、噛みあわせ不良により顔が大きく見えてしまうなど女性にとっては大問題です。

歯並びの矯正って痛そう、見た目が嫌など様々な意見があると思います。

そんな方におすすめしたいのは、マウスピースによる矯正方法です。

※顎関節症は保険適応ですが、歯並びの矯正は自費治療になります。

 

マウスピース矯正とは?

2017-05-18-17-19-38

クリニックで上下の歯形を取ってもらってマウスピースは出来上がります。

マウスピースは無色透明なので、間近でじっと見られない限りは大して目立ちにくいというメリットがあります。

ワイヤーを使う矯正方法とは違い、金属アレルギーの方でも安心して矯正を行うことが出来ますし見た目でも分かりにくいため笑顔をためらう必要がありません。

ワイヤーによる矯正は効果が早いかもしれませんが、必ず痛みを伴ってしまいます。

 

マウスピース矯正のデメリットを挙げるとしたら、食事の際に外さなければならないこと。

食事をしたら歯磨きをしてマウスピースを装着します。

そして基本的にはつけっ放しにしておかなければなりません。

菌の増殖を防ぐために入れ歯用の泡タイプの洗浄剤を使用し除菌する必要があります。

歯磨き粉は研磨剤が入っているので使用は出来ません。

眠っているときが一番重要なポイントで、歯ぎしりやくいしばりを起こしにくくし歯の磨り減りを防止します。

 

通院期間

2017-05-18-17-19-42

個人差がありますが、良い歯並び・噛みあわせになるまで1年~2年半程度かかります。

定期的にクリニックに通う必要があり、普段生活をしていてマウスピースが磨り減っている部分などをチェックします。

メンテナンスをきちんと行っていないと最善の治療が受けられません。

マウスピースを使わなくても良くなったら、噛みあわせ調整のためにパテを盛って微調整を行う場合もあります。

 

マウスピース矯正にかかる費用

2017-05-18-17-19-46

顎関節症・顎変形症と認定された場合以外は保険適応外になります。

しかしワイヤーを使用したりインプラント治療に比べるとお安く矯正を行うことが出来ます。

上下の歯をマウスピース矯正する場合はクリニックによって変動しますが、40万円から60万円が相場です。

部分的な矯正であれば20万以下で矯正が出来ます。

 

まとめ

2017-05-18-17-19-50

マウスピースによる矯正は痛みもほとんど無く、見た目でも矯正をしていると分かりにくく矯正しているということがコンプレックスになってしまう可能性も低いです。

食事の際は取り外す、つけっ放しにしておく必要があるなどそういった点は最初は不便に感じるでしょう。

しかし段々と慣れていくのでご安心を。

 

余談ではありますが、食事の際にマウスピースを外す必要があるので間食が減ります。

小腹が空いたからといってその都度着けたり外したりするのは面倒だと感じませんか?

それによって自然と摂取カロリーも減り、健康的なダイエットにも繋がっていきます。

関連する記事

カテゴリー