アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

独自開発の機器を使ってアンチエイジング!

b1

 

 

アンチエイジングは目元から―。

あなたはそんな言葉を耳にしたことはありませんか?

顔の印象は目元で決まるといわれます。

タルミ・ふくらみ・クマなど、目元の悩みを抱えている人は本当に多く、悩みを抱えながらも手術にふみきれないという方はとても多いそうです。

目の下のタルミやふくらみは、基本的に切る手術をしなければ改善は難しいとされていました。

しかし、最近は切らない施術で目元の若返りが可能となったのです。

今回は、切らずに目元の悩みを改善できる《スマートリポアイズ》をご紹介したいと思います。

 

スマートリポアイズとは?

b2

目の下のタルミ・ふくらみを改善するために、共立美容外科にて開発された最先端技術をもった機械「スマートリポ」をつかっておこなう施術です。

メスをつかわず脂肪を溶解するレーザー「スマートリポ」によって、目の下の脂肪を溶解・消化します。

目の下のタルミ・ふくらみの治療として、ダウンタイムが短く、切らずにできる治療としては共立美容外科仙台院のみでおこなっている施術となります。

詳しくはこちら>>https://www.s-kyoritsu.com/treatment/eye/eyes.html

目の下のタルミ・ふくらみの原因

b3

 

目の下には眼窩脂肪が存在します。

眼窩脂肪の老化により筋力が衰えてしまい、タルミやふくらみ・クマの原因となるのです。

また、骨格や筋肉のつき方によっては、比較的若い人でもタルミの症状があらわれてしまい、悩むかたも多いそうです。

 

こんな人におすすめしたい!

・目の下のタルミ・ふくらみをとりたい

・若々しい目元になりたい

・メスを入れるのが怖い

・ダウンタイムが短いほうがいい

 

どんな施術?

目の下の治療法としては、メスをつかわない新しい施術方法です。

脂肪を溶解するレーザー「スマートリポ」をつかい、眼窩脂肪を溶解・消化していきます。

下眼瞼の粘膜側から直径約1mmのハリを入れ、目の下のふくらみをとる施術となります。

メスを使用しないため、腫れや出血が少なくダウンタイムが短くてすみます。

施術時間は30分程度です。

個人差はありますが、溶解された脂肪は3~6ヶ月で吸収されるといわれています。

 

しかし、目の下の脂肪を取り除いても皮膚表面のタルミの改善は難しいとされ、目の下のタルミを改善するためには、皮膚の引き締め・引き上げも同時におこなうことが必要となってきます。

フラクセルなどの治療をスマートリポアイズと併用しておこなうことをお勧めします。

フラクセルについて詳しくはこちら>>https://www.s-kyoritsu.com/method/fraxel/

メリット・デメリットは?

b4

 

《メリット》

・皮膚を切らないので傷跡が残らない

・ダウンタイムが短い

・自然に仕上がる

 

《デメリット》

・脂肪がなくなると皮膚表面にシワ、タルミが残ってしまう

・即効性がない

 

など、スマートリポアイズをおこなううえでのメリット・デメリットは以上のような点があげられています。

 

まとめ

b5

目元の印象で人の印象は本当に変わります。

自分ではなかなか改善できなかった目元の悩みや、どうにかしたい目元の悩み。

改善するための治療法や施術はさまざまですが、いつまでもキレイで若々しい女性でいるために、あなたも目元のアンチエイジングしてみませんか?

 

関連する記事

カテゴリー