アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

コラーゲンは粉?ドリンク?粒?徹底比較

co1

 

 

コラーゲンサプリには、アミノコラーゲンのような缶入り、DHCの粒などそれぞれ長所と短所があり、それぞれ特徴も違います。

 

コラーゲンサプリでもアミノコラーゲンとは?

co2

出典:http://s.cosme.net/brand/brand_id/15148/tieup/15148201610-01/page/page.html

アミノコラーゲンは、最近進化しました。それは濃密美容配合で一日の目安量が7gから3gになったことです!なので、より少ない量で実感できるようになっています!

アミノコラーゲンのもう一つの進化としては、「飲みやすさ」「溶けやすさ」です。毎日簡単に摂るためには、「飲みやすい」ことが重要視されてきます。

つまり、「溶けやすいパウダー」になったので、いろいろなものに混ぜられることがあります。それはコーヒーだったり、ヨーグルトだったり・・。

だから簡単に毎日続けられるということなんです!

コラーゲンとは身体の土台となる物質で人間の身体をレンガに例えるならば、レンガが細胞でセメントがコラーゲンです。

セメントのようなコラーゲンが劣化してしまうと、わたしたちの身体はボロボロと崩れていくばかりです!

コラーゲンが衰えて減少してしまうと、新陳代謝の働きが悪くなってきます。酸素、栄養素が細胞に届きにくくなってしまうのです。

コラーゲンの生成と分解のバランスの崩れは、日常生活でも紫外線やタバコ、寝不足など生活の中のストレスが引き金となっています。

 

 

DHCコラーゲンサプリの効果と評判について

co3

出典:https://shoppies.jp/user-item/19456758

DHCのコラーゲンサプリはタブレットタイプ、ビン入りのドリンクタイプ、ゼリーやパウダーなどさまざまなタイプがあります

そのタイプでも魚の鱗や皮由来の天然フイッシュコラーゲンを使用しています。

コラーゲンの大きな分子を分解することで、コラーゲンペプチドの形に加工して体内にコラーゲンが吸収しやすくしてあります。

DHCが販売しているコラーゲンサプリの中でもドリンクタイプの中では、「コラーゲンビューティ7000プラス」がとても人気です!

co4

 

 出典:http://www.urutsuya-collagendrk.com/research/dhc.html

それは1本5mlの中にコラーゲンが7,000mg配合されているということ、体内でもコラーゲン合成に欠かせないビタミンCや肌に潤いを与えるヒアルロン酸なども同時に摂取できるからです!

実際に「コラーゲンビューティ7000プラス」を体験した方の感想は、

 ・匂いが気にならない

・甘くてのみやすい

・後味が気になる(甘いものが苦手な人)

 

ドリンクタイプのコラーゲンは何といっても即効性で知られています。3日ほど続けて飲むと肌の違いに気がついてきます。

 

 

タブレットタイプのコラーゲンはコスパで人気

co5

出典;https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32168

DHCのサプリメントの中では、とくにコストパフォーマンスに優れていものが、タブレットタイプのコラーゲンサプリです。

何と3ヵ月分が2,000円前後で購入できるということです。これが他のメーカーでは1か月分で約3,000円前後。リーズナブルにコラーゲンを試すのであればDHCのタブレットタイプがおすすめです!

リーズナブルなコラーゲンサプリ。1回でコラーゲンが2050mg摂取できます。毎日コラーゲンを摂取するには、このタイプが経済的でもあります。

コラーゲンの効果については、ドリンクタイプに比べると即効性はあまり感じられていないようです。しかし、継続して摂ることでアンチエイジングにも効果がみられるとの評判があります。

co6

 

コラーゲンなどサプリメントでは、錠剤とドリンクタイプが効果など比較されることも多いです。しかし、効果としては基本的には同じ効果があると考えられます。

しかし、錠剤とドリンクでは、お腹の中で溶けるのに時間がかかるのが錠剤で、ドリンクの方が体内に吸収されやすく即効性があると考えられている面もあります。

また、「飲みやすい」「飲みにくい」といった比較では、粉末などともよく比較されます。水に溶けやすい粉末は水に溶けやすい分、より早く効果も出やすいといえます。

粉の場合、飲むときに独特のコラーゲンの匂いも気になって「飲みにくい」といった声もあります。

 

まとめ

コラーゲンサプリメントでは自分に合ったタイプのものを選ぶことがおすすめです。たとえば即効性を望むのであれば、ドリンクタイプのもの、持ち運びしやすいものであれば、錠剤タイプのもの、コラーゲンで得られる効果を考えたり、自宅や外出先などコラーゲンを摂る場面で選んでみてはいかがでしょうか?

関連する記事

カテゴリー