アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

L-システインサプリのチカラでキレイになる♪注目サプリ5選

t1

 

美白を期待できると定評のあるL-システイン。CMなんかでもよく目にしますがその知られざる力は美容だけにとどまりません。気になっている女性も多いはず。

継続して効果的に摂れるオススメのサプリメントと合わせてご紹介します♪

 

L-システインとは?

t2

 

L―システインは、髪の毛や皮膚、爪などにも存在するアミノ酸の一種です。食事からとることが難しく、準必須アミノ酸とも呼ばれるこのL-システインには

・肌の生まれ変わりを助け、美肌にする

・ビタミンCの吸収を助け美白が期待できる

・ニキビができにくくなる

・体の疲れを取れやすくしてくれる

・二日酔いの改善

などの作用があります。

 

 

 食事から摂るのは大変…

t3

 

体重50㎏の人で1日に750㎎摂ることが推奨されるLシステインですが、豊富に含む食材は青魚や肉類、カシューナッツなどです。100gぐらいを摂るのが理想ですが、美白などを期待するのであればそれが毎日…となるとちょっと大変です。

そこで活用したいのがやっぱりサプリメント。優秀なものが最近は増えていますね。

もちろん、過剰摂取はよくありません。通常の食生活+サプリメントだけで過剰症が起こることはまずほとんどありませんが、血糖値の上昇などの危険がありますので、きちんと用法・用量を守って摂ってくださいね。また、美肌を期待するなら肌の生まれ変わりを考えて1~3か月続けることによって効果を実感できますので、継続も大事です。

 

 

オススメサプリ♪5選

では実際、どんなサプリや薬がオススメでしょうか。まとめてみました。

商品名の横に、1日分で摂れるL-システイン量を明記してみたので参考にしてみてくださいね。

 

 

1・ハイチオールCホワイティア(240㎎)

t4

出典:http://www.ssp.co.jp

(エスエス製薬/40錠1,782円)

誰もが一度は目にしたことがあるハイチオール。ほかに1日2回でOKなプルミエール、お手軽なプラスなど種類があるのでライフスタイルに合わせて選べます。医薬品だけあって効果実感が早い、という口コミが多いようですね。小粒で飲みやすいのも特長。

 

 

2・トランシーノ(240㎎)

t5

出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp

(第一三共ヘルスケア/90錠1,728円)

L-システインのほかアスコルビン酸(ビタミンC)を1000㎎含むことで肝斑をなくすことを看板として掲げています。8週間集中して摂り、それで効果が出なければ肝斑でない可能性がある、というぐらい強気で美白を推しているだけあって、「フォトフェイシャルより効いた!」という口コミなどもあるぐらいですが肝斑でない人もいて賛否両論なのも事実。まずは8週間試してみるのも価値ありそうです。

 

 

3・システィナC(240㎎)

t6

出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp

(第一三共ヘルスケア/80錠1,944円)

ハイチオールのシリーズと成分やビタミンC量もそれほど変わりはないのですがコスパの良さはシスティナCのほうが上です。その分、続けられるという人が多く、口コミも効果を感じているものが多いようです。継続は力なりですね。

 

 

4・ロスミンローヤル(160㎎)

t7

出典:http://fitter.cosme.net

(アインズ/270錠8,208円)

国内唯一、小じわにも効果があると認められた医薬品。ローヤルゼリーや生薬成分などもふんだんに含むので、女性特有の冷えやコリにも期待ができるのが嬉しいですね。また、初回購入だと2,052円で購入できるほか、お得な定期購入もあります。

 

 

5・ハイシステインC(500㎎)

t8

(NOW/100錠1380円)

日本では1日分に配合できるL-システインの量の最大が240㎎と定められていますが、アメリカ産のこちらは圧倒的な量を配合しています。口コミでもしっかり効果を実感したり、体の疲れが取れた、という声も沢山あり安全性や品質にも問題はありません。錠剤のサイズが日本の平均に比べて2倍ほどあるので飲みにくいというデメリットはありますが、コスパは最強です。

 

 

 

食事からとりづらいL-システインですが、サプリメントも進化していて美白以外にも色々効果が期待できそうです。自分に合ったものを選んで、肌も体も疲れ知らずになりましょう♪

関連する記事

カテゴリー