アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

目もとに効くエイジングサプリの新成分エスラチンとは?

img_58f0af46a3591

 

目もとのハリがなくなることで、重ねてきた年月を痛感させられます。私もその1人ですが、なかなか目もとケアって上手に行えないと思いませんか?

今まではとにかく注目されているコラーゲンにばかり頼っていましたが、やはりなかなか1つの成分からの効果って限界があるものです。そこで同じ悩みを抱える女性に紹介したいのが、まだ認知度の低いエラスチンです。

1. エスラチンってどんな成分?

img_58f0af4c038ed

中には耳にしたことがある、エラスチンの重要性はすでに知識として身についている、なんて方もいるかもしれませんが、まだまだエラスチンの認知度は低いので少しエラスチンについて紹介します。

エラスチンは女性に特に嬉しいエイジングケア効果の高い成分です。コラーゲンやビタミンCなどの美容効果の高い事で知られる成分に負けない効果を持っているのがエラスチンです。

エラスチンのもたらす効果は肌の失われたハリを取り戻してくれる効果に、弾力・柔軟性を保ってくれる効果と女性なら一度は体感したい効果が期待できるのです。

 

 

2. もっと詳しく知りたいエラスチン!

img_58f0af5031b06
少しエラスチンの効果に興味を抱いた方もいるのではないでしょうか。新成分として注目され始めているエラスチンなので、もう少し詳しく見ていきましょう。

エラスチンはたんぱく質の一種で、体内のコラーゲン同士を結びつける働きを持っています。つまり私たちが今まで必要と感じていたコラーゲンも、本来の効果を高めるためにはエラスチンが必要不可欠だったんです。

エラスチンが近年注目を浴びているのは、著しく研究が進み、商品開発に取り入れられるようになってきているからです。エラスチンの効果そのものは良いものと知られてはいてもなかなか研究をする中で難しい成分でした。

しかし研究が進み、体内に必要なエラスチンを商品に取り入れられるようになったことから、身近な成分へと変わってきたのです。まだあまり認知度の少ない中で、周りに差をつける効果を期待したい方には是非、オススメの成分になります。

 

 

3. 大事なエラスチンの効果を体内で実感しよう

img_58f0af542332e
エラスチン効果をしっかり実感して、目もとのエイジングケア効果を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

3-1. エラスチンは紫外線で変性してしまう

積極的に取り入れて美容効果を高めようとコラーゲン成分配合の化粧水を手にしていた方も、今回エラスチン効果に魅力を感じ、エラスチン配合商品に手を伸ばそうとしている方も、美容効果を高めるための意識としては間違っていませんが、美容効果の高い成分を破壊してしまう紫外線対策を行っては効果が半減されます。

コラーゲンもエラスチンも紫外線を浴びることで変性する性質を持っています。本来の効果を期待するどころか肌トラブルを招く原因になるのです。

加齢とともに現れやすい目もとのたるみをしっかり予防するためには必要な成分の効果を体内で実感させてあげることです。そこでまず徹底しないといけないことは紫外線対策なのです。

 

3-2. 体内のエラスチンを減らさない習慣

加齢とともに様々な機能は低下し、ホルモンの分泌量も低下してしまいます。エラスチンも同様になかなか増やすことができなくなる成分です。そこでエラスチンを減らさない習慣を心がけましょう。

体内でエラスチンが減ってしまう原因は紫外線だけでなく、喫煙に偏食、そして過度なストレスが関係してきます。喫煙者は禁煙するようにしてください。偏った食習慣は見直し、ストレス解消法を取り入れるようにしましょう。

 

3-3. 食事を変えてエラスチンを維持しよう!

エラスチンを体内で維持するための習慣に加え、エラスチンが含まれる食べ物を積極的に摂取しましょう。エラスチンを含む食べ物はもつ、手羽先、軟骨などがあります。

もつ鍋はアンチエイジング効果の高さから人気ですよね。美味しくしっかりエラスチンを維持するためにもオススメです。少しの知識で習慣を変えることが偉スタチンから期待できるエイジング効果が実感できるのです。

 

 

関連する記事

カテゴリー