アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

手の甲の悩みまで解消出来ちゃう!細かい部位でもしっかり対応!

a1

 

・紫外線対策をしていない

・ハンドクリームをつかわない

・洗い物をするとき、お湯をつかう

 

上記の項目に1つでも当てはまる人は、手の老化が早いといわれます。

手の甲は顔と違いなかなかお手入れが行き届かないため、加齢とともにシミやシワができやすく、年齢が出やすい部分です。

紫外線はもちろん、水や洗剤などによるダメージを受けやすく、なかなかこまめにお手入れできていないという人もとても多いといわれます。

 

美容外科・美容皮膚科では、手の甲の悩みを解消してくれる治療法があるんです。

あなたの手の甲のお悩み、美容医療で解消してみませんか?

 

手の甲の悩みとして《シミ》《シワ》が主にあげられます。

 

手の甲にできるシミの原因

 

a2

手の甲にできるシミの原因として一番大きいものは紫外線によるものです。

手の甲は顔と同じく常に露出している部分ですが、顔ほどお手入れが行き届かないということが原因の一つとなります。

 

手の甲にできたシミの治療法

手の甲にできたシミの治療法は、一般的にレーザー治療が有効だといわれます。

シミのある部分にレーザーを照射すると、10日~2週間後にかさぶたとなって剥がれ落ちるという治療法です。

シミの程度にもよりますが、複数回の治療が必要となります。

 

手の甲にできるシワの原因

手の甲にできるシワの原因も、シミと同じ紫外線が一番大きな原因となります。

紫外線を浴びた肌は、紫外線A波により肌のハリをつくるコラーゲンやエラスチンをこわしてしまい、手の老化を早めてしまうのです。

手の皮膚は他の部位よりも薄いため、乾燥しやすくシワができやすいといわれます。

 

手の甲にできたシワの治療法

手の甲にできたシワの治療法としては、ヒアルロン酸の注入が有効だといわれます。

ヒアルロン酸を注入することで、減少してしまった皮下脂肪を補いふっくらさせ、若々しい手の甲を取り戻す治療法になります。

ヒアルロン酸を血管と血管の間やスジとスジの間に注入する方法で、施術時間は10分程度で終わる手軽な治療法です。

個人差はありますが、6ヶ月~1年で吸収されますので、少し気になりはじめたら再注入することをお勧めしています。

 

他にも手の若返り治療としてこちらも注目を浴びています。

PRPによる再生治療

 

a3

美容医療でもケアが難しいといわれていた手の甲の治療法として、現在は「PRP」による再生治療が注目を浴びています。

自身の血液から抽出したPRP(多結晶版血漿)が含む成長因子により、コラーゲンの産生と毛細血管の新生が促されます。

その結果として、痩せてしまっていた手の甲がふっくらと若返る治療法です。

自分の血液の成分を使用するため、アレルギーや副作用もなくとても安全な治療法といわれます。

施術時間は30分程度で、個人差はありますが効果は2年ほど持続する人気の治療です。

 

 

まとめ

 

 

a4

一番つかうからこそ年齢が出やすい手の甲。

毎日頑張っているあなたのその手。

手軽にできる美容医療であなたの手を若返らせてみませんか?

関連する記事

カテゴリー