アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

クリームを塗る方向は合ってる?間違っているとたるみやむくみの原因に!

t1

 

 

肌は乾燥しやすいため、保湿クリームを毎日つけることで、肌の潤いを保つことができます。しかし、ちゃんと塗る方向や塗り方を考えて行うわないと、逆効果になる恐れがあると言われています。

 

今回は、そんなクリームの塗る方向や塗り方について解説していきます。今までのやり方が間違っていたという方は、一度やり方を変えてみて実践してみてください。

保湿クリームの塗り方

 

t2

まず基本的なクリームの塗り方ですが、2パターンあるので解説します。

 

1.内側から外に塗る

化粧水や保湿クリームを塗る時、基本的に内側から外側に向けて塗るようにしましょう。そうすることで、塗りムラがなくなり、バランスよく保湿が可能になります。余ったら手に付けたり、保湿が必要なところに付けるといいでしょう。

 

2.顔の5点にクリームを置く

クリームをバランスよく顔に塗ろうと思ったら、顔の5点に塗っておくといいでしょう。5点というのは、鼻・おでこ・左頬・右頬・下顎です。こうすることで、ムラなく全体にクリームが行き届くので、簡単に保湿を行うことができます。

 

また、クリームを点在させてつけることで、無駄にこすったり、塗り漏れを防ぐ役割があるので、効率よく保湿することが可能です。

 

失敗しやすい塗り方

t3 

次に失敗しやすい塗り方を解説します。

 

1.強くたたく

浸透するかと思い、肌にクリームを付けた後、強くたたく人もいますが、それではたるみやシワの原因になる可能性があります。たたく必要はないので、できるだけ刺激を与えずにクリームを肌に付けていきましょう。

 

2.使用量が多いまたは少ない

肌に付けるクリームの量は、取り扱い書に書かれていると思います。その量よりも多すぎると、テカリやベタツキの原因になってしまいます。逆に少ないと、十分に保湿効果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

 

3.濡れた状態でクリームを付ける

洗顔後など、顔が濡れた状態でクリームを付けると、効果が薄れてしまう可能性があります。他にも、水分が邪魔して、肌に浸透しないこともあるので、十分に乾いた状態でクリームを使うようにしましょう。

 

クリームを付けたらハンドプレス

t4 

クリームを顔に付けたら、より効果を得られるためにはハンドプレスを行いましょう。ハンドプレスを行うと、肌にクリームの成分が浸透しやすくなるので、美肌に近づけるかもしれません。

 

せっかく付けた保湿クリームなので、できるだけ効果が得られる方法で、浸透させましょう。また、手が濡れている状態だと、十分にハンドプレスが行えない可能性があるため、乾いた手で行いましょう。

 

まとめ

 

t5

保湿クリームは、塗ることで肌の乾燥を防ぎ、美肌に近づけてくれます。しかし、塗り方を間違えれば、逆にたるみやシワを引き起こし兼ねません。正しい知識を持って、クリームを塗ることを心掛けましょう。

 

また塗る時には、できるだけ刺激を与えないように、強くたたいたりせずに、ハンドプレスで浸透させることを意識して行っていきましょう。

 

関連する記事

カテゴリー