アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

老け顔の原因No.1!?ほうれい線を手早く消す方法とは?

1

 

 

 

ほうれい線は乾燥肌なども要因の一つとして含まれますが、年齢と共に顔の皮膚の下にある脂肪が徐々に減り筋肉が衰えることが最大の原因と言われています。

 

女性であればいつまでも美しくありたいからこそ、ほうれい線を何としても今すぐ消したい!と悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はほうれい線を手早く消す3つの方法について解説させていただきます!

 

 

 

 

自宅で気軽にチャレンジ!フェイスエクササイズ

2

【30秒間でできるフェイスエクササイズ】

 

①頬骨の下へ人差し指・中指をあてながら円を描くようにマッサージします。

②二本指を小鼻の横にあるほうれい線に乗せるよう同じくぐるぐる円を描くように回しましょう!

 

たったの2ステップ、30秒でできるフェイスエクササイズですが痛みを感じていれば

効いている証拠です。

 

起床後・入浴中・テレビを見ながら等隙間時間を有効活用しながら継続的に続けてまいりましょう。

 

【ほうれい線に効果的なベロ回し運動】

 

①口を閉じたまま左回りにベロを歯に沿いながら20回ゆっくり回します。

②おなじような形で右回りに20回回します。

 

上記の方法にて①・②合わせて1日3セット行いましょう。筋肉が衰えている可能性もありますので、できれば最初は無理せず10回ずつ行い徐々に回数を増やしていく形がおすすめです。

 

 

ほうれい線を隠す上級メイク術について(ベース&アイメイク)

3

①肌表面をなめらかに整える効果があるシリコン入りのメイクアップベースをバール1粒分取り出し、少量ずつ顔全体に塗ります。(ほうれい線部分は優しく叩き込むように塗りましょう)

 

②ベースを塗ったらほうれい線部分に明るめのコンシーラーを使用します。手の甲に取りながら少量ずつ3〜5箇所に分けてポンポンと軽く叩き込むように馴染ませます。その後厚塗りにならないようパウダーファンデーションで全体を仕上げていきます。

 

③口元から目元へ視線を注目させるよう暖色系のアイカラー(明るめのベージュがおすすめ)を使用しましょう。

 

ほうれい線はメイク後、時間が経過し乾燥することでよりシワが目立ちやすくなりがちです。

 

メイク直しの際は高保湿成分を含むスキンケア用品(アイクリームが◎)を使用し、

口元のほうれい線〜シワが目立ちやすい目元にしっかりと潤いを与えることをおすすめいたします。

 

 

【クリニックや整形外科にて】ヒアルロン酸注入

 

4

ヒアルロン酸を使用した治療方法はたったの5〜10分間でふっくらとした若々しいお肌を取り戻せることから日本のクリニックや美容整形外科でも昔から大変人気の施術の一つです。

 

患者様の体質にもよりますが、注射した後軽い痛みや腫れが現れる場合もあります。

 

その場合、症状が治まるまで患部を冷やすなど待機時間を設けなければなりませんが

ほとんどの方が、施術を終えた当日にメイクをして帰宅することが可能であると言われています。

 

ただ、キープできる期間は3ヶ月〜半年程と持続性は比較的短いので年に数回メンテナンスを行う必要性があります。

 

今回はほうれい線を手早く消す方法について解説させていただきました。

 

中でもフェイスエクササイズは今すぐチャレンジできる気軽なアンチエイジング術となりますので若々しいお肌をキープするためにも是非継続的に続けてみてはいかがでしょうか?

 

関連する記事

カテゴリー