アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

重力に負けないで!たるみ肌にならないためのお顔運動

img_58f0a90a99a75

 

アラフォーになって、急激に顏がたる見始めた!3ヶ月前の写真と何か違う!最初はむくんでるのかと思ってたのに、そういえば、ずっとむくんでると思ったらたるみかも!?

 

今回はたるみを防止するアラフォーからのお顔運動をご紹介します♪

 

たるみの主な原因

img_58f0a911dc96e

 

1-1.紫外線やストレスなどからくる乾燥

 

紫外線、乾燥しているオフィス、季節による乾燥などで、コラーゲンやエラスチンという、肌の弾力を保つ成分が破壊されてしまいます。

 

 

1-2.顏(表情)が普段から動いていない

 

オフィスワークでパソコンに張り付いている人などは、1日の間で表情が動く事がほとんどありません。だんだんと筋肉が固まってくるうえに、目も酷使しているので、疲れがたまって、顏まわりの代謝が悪くなっています。

 

1-3.加齢

 

加齢により、重力に逆らえなくなって来ます。今までは自分の表情筋でリフトアップできていたのですが、生活習慣が乱れて寝不足や食事が偏って来ると、肌の代謝も悪くなるので余計にどんよりしてたるんだ顏になってしまいます。

 

 

リフトアップの運動法

img_58f0a915c48c9

1-1.大きな口であ・い・う・え・お・体操

 

これでもかと言うくらいの大きな口をあけて、あいうえおと言ってみましょう。実際に声を出さなくても、口の形だけでも良いです。

 

ひとつの動きに10秒はかけましょう。ほうれい線などに効果的です。

 

 

1-2.目の大きさや向きなどを変えるギョロギョロ体操

img_58f0a91ac158e

口の次は目のまわりです。目を大きくぱっちり開いて上下左右にゆっくりギョロギョロと動かしましょう。これも一つの動きに10秒くらいかけて動かして行きましょう。

 

慣れたら、これを同時にやってみましょう!「あー」といいながら、上をギョロっと見たりしましょう。

 

 

お顔運動の注意点

img_58f0a91f393d7

 

1-1.じっくりと、顏の筋肉を感じながらやる

 

あー、いー、うーとちゃんと筋肉がストレッチされているのを感じながらやりましょう。ささっとやっても、奥にある筋肉まで刺激されていません。体のストレッチやヨガと一緒です。ゆっくりじっくりやりましょう。

 

1-2.肌がちゃんと保湿されている状態でやる

 

お肌がちゃんと潤っている状態でやらないと、口を大きく開けた時など、さらに、ほうれい線まわりなどにクッキリと跡形がついてしまうかもしれません。お顔運動前の保湿は忘れずにしましょう。

 

 

1-3.最低でも2週間は続ける

 

あなたのお肌のたるみは1日やそこらでできたものではありません。顏運動を始めて、顏の肉が、「あれ?私たちはここにいるベキじゃない!」と動いてくれるためには、最低でも10日〜2週間くらい続ける必要があります。

 

5日続けても変わらない、と嘆かずに、ひとまず続けてみましょう。

 

 

まとめ

img_58f0a92416dfc

 

肌がたるむ原因が分かり、根本的に改善できそうですね!顏の運動中にアゴが痛くなったり、頭が痛くなったりしたら、すぐに中断してください。お金をかけずにストレッチでキレイになりましょう!ぜひ今夜寝る前から試してくださいね☆

関連する記事

カテゴリー