アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

加齢でできた目の下のたるみを取るだけで、10歳は若く見える

r1

 

年齢ととも朝起きぬけの顔を鏡越しで見ると、ため息が増えるのはみんな同じです。毎日見ていても慣れるものではなく、日々少しずつため息が大きくなります。

その原因になるのが目の下のたるみです。目の下のたるみが影響する老け顔って解消することが難しいと考えがちですが、ピンポイントに目の下のたるみ改善ケアを行うことで10歳も若く見える効果があるんですよ。

1. 目の下のたるみの原因

r2

目の下のたるみケアから見た目に大きな変化をもたらすことができますが、まず知っておくべきことは目の下のたるみの原因です。原因を知ることで意識が変わってきます。

1-1. 皮膚のむくみが目の下のたるみの原因

加齢とともに様々な部位でむくみを発症しやすくなります。むくみと聞くとふくらはぎのむくみに悩みを抱える方は多いと思いますが、ふくらはぎのむくみは足の太さを強調してしまう原因ですよね。

加齢とともに重力問題からの足のむくみだけでなく、顔のむくみも発症しやすくなるのです。顔のむくみの原因は血行不良が関係しており、顔に水分や老廃物がたまってしまい発症します。

顔の皮膚がむくむと、目の下にたるみを作ってしまいます。ケア方法としては顔もしっかりマッサージを取り入れることです。

1-2. 加齢はたるみの原因

なぜ、歳を重ねることで目の下のたるみができるかというと、加齢による筋力低下が関係してきます。眼球の周囲には眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。加齢とともに全身の筋力低下は自然なことですが、目の下を支える眼輪筋も筋力が低下してしまいます。

すると目の下のたるみができやすくなってしまうのです。眼輪筋の筋力低下を予防するためには大きな口を開けて「あ・い・う・え・お運動」が有効になります。

2. 目の下のたるみでふけて見えるのはなぜ?

r3

老け顔に見えてしまう理由についてご存知でしょうか。イメージとして顔の部分的にほうれい線ができることや、シワができることを理由に挙げていないでしょうか。

ほうれい線ケアやシワ対策ももちろん大事なことですが、目の下のたるみこそ老け顔に見える1番の理由になります。目の下にたるみがあることで頬の位置が下へ下がって見えてしまいます。

頬の位置が上にキュッと上がっている若者と、頬の位置が下がり、顔全体にたるみを感じさせる高齢者。顔全体の見た目に影響する頬の位置を下げてしまうのが目の下のたるみだったんです。

3. 目の下のたるみってどうやって取るの?

r4

目の下のたるみを取るための方法としてプチ整形という効果の高い方法があります。目の下のたるみケアとして原因となるむくみ対策や筋力低下を予防することはもちろんですが、なかなか効果の出ない方やしっかり目の下のむくみを取りたい方は、プチ整形という方法を取り入れています。

3-1. 下眼瞼切開

プチ整形の中で最も施術時間が短いのが下眼瞼切開です。たるみの原因を切除し切開部分を縫合する施術法です。

3-2. ハムラ(Hamra)法

あまり耳慣れないハムラ(Hamra)法も目の下のたるみを取る施術法として取り入れられています。下まつげの下を切開し、たるみの原因になる脂肪を切除します。ハムラ(Hamra)法の場合は目の下のくぼみを埋めるために脂肪を移動させる方法です。

 

 

関連する記事

カテゴリー