アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

しわの原因にたどり着け!そこにはアンチエイジングのヒントがいっぱい

img_58edf784c50a8

 

写真を撮る時に、ニコリ!笑顔が自慢の私だったのに、最近ほうれい線が気になりはじめたし、目尻のしわまで気になる…大ショック!

今回のテーマはシワの原因を探りシワ防止対策をご紹介します。

 

シワの原因は一体なに?

img_58edf78a20f28

1-1. 間違った肌のケア

洗顔後にタオルで肌をごしごしこすったり、洗顔フォームを泡立てずに少し手に馴染んだら直接手で洗う、なども肌への刺激になります。

 

1-2.  乾燥

皮膚が乾燥していると、肌を守ろうとして角質が固くなり、結果的にシワにつながります。夏でも、ガンガンにクーラーがきいているようなところにいると、すぐに皮膚は乾燥してしまいます。

 

1-3. 紫外線

直射日光はお肌の大敵です。日焼けすると大量の水分が体からなくなります。ビーチで遊んで日焼けしたあとなどはすごく疲れますよね?体内の水分が不足しているのです。

 

1-4. 加齢

年齢を重ねるとともに、弾力やハリを作っているコラーゲンが少なくなってきます。

 

1-5. 生活習慣の乱れ

タバコやお酒や食生活の乱れなども、シワの原因となります。やはり水分を失う事が一番の原因です。

 

 

シワの種類

img_58edf78fa1f49

 

1-1.表情ジワ

ふだんの表情でできるシワのこと。ふだんからストレスを溜めている人や、ずっと起こっている人などは眉間に縦じわがクッキリありますよね。そのシワのことを表情ジワと呼びます。

 

1-2.真皮シワ

真皮シワは額や目元などに出来る深くくっきりと入ったシワで、紫外線と加齢によってできます。

なかなかすぐには変えられないので、少しずつホームケアを始めて行きましょう。

 

1-3. 表皮シワ

表皮シワは、乾燥が原因で出来るシワで、口元や目元にできるような小ジワです。その部分を多めに保湿することで、改善されていくケースが多いです。

 

 

おうちでできる対策

img_58edf795450ca

 

1-1.乳液、化粧水の量を調節する

コラーゲンやヒアルロン酸が入ったものがおすすめですが、もし手元になければ、お手持ちの化粧水、乳液をたっぷりと塗るように心がけましょう。

小じわが気になる方は、全体的に塗ったあとに、気になる部位は多めに塗りましょう。

 

1-2.内側の栄養から変えて行く

体の内側から変えて行くのも大切です。とくに美肌効果のある、ビタミンA・C・E(乳製品・ナッツ類・卵黄・魚・柑橘類・緑黄色野菜など)をバランス良く摂るように心がけましょう。

 

1-3.部屋を乾燥させないようにする

加湿機を使ったり、濡れたタオルを室内に干しておいたり、コップ1杯に水を組んで部屋に置いたりして、肌を乾燥させないようにしておきましょう。

少しの事ですが、これで翌朝のお肌の調子が変わりますよ!

 

1-4.お風呂にちゃんと入る

シャワーだけではなくて、ちゃんと湯船につかりましょう。体のすみずみまであたたまるので、肌の角質もとても柔らかく、きめ細かくなり、それだけで保湿効果があります。

 

 

まとめ

 

img_58edf79b0029c

いかがでしたでしょうか?美は1日にして成らず、ですが、少しのケアをこまめに毎日続ける事で、高い化粧品を買いそろえなくても、アンチエイジングはちゃんと出来ます。シワの原因を良く理解して、今日から始めてみて下さいね☆

 

関連する記事

カテゴリー