アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

冷えないためにも「しょうが生活」!酢&ジャムでポカポカ 妊活にもなる?

s1

 

 

 

 簡単につくれる酢しょうがの効果がすごいとは?ダイエットや中性脂肪抑制!

 

酢しょうがは酢としょうがとハチミツとを混ぜて作ったものです!その効果が体が温めたり、免疫力もアップしたりする効果だそうです!!

体を温める以外にも、血液をサラサラにしてくれる効果もあるらしいです。もちろん、しょうがだけの効果としてよく知られているものに、保温作用、代謝をアップし、冷え防止として知られていますね。

プラス酢の効果で、血液中の中性脂肪を抑えてくれるので血液をサラサラにする効果があるということですよ!!さらに、ダイエット効果も高く、脂肪燃焼としての効果が見込めます。

自分でも酢しょうがをつくれるので試しに作ってみてはいかがでしょうか?

材料は「しょうが100g」「黒酢100cc」「はちみつ20g」で作れます。黒酢を使うのは、お酢の中でも一番代謝を上げる効果があるからです。通常、お酢であれば何でも構いません。

作り方も簡単で、しょうがを皮のままみじん切りにしておきます。容器に酢、しょうが、はちみつを入れて、1日冷蔵庫に保存しておくと完成します。賞味期限は10日ほどです。

 

酢しょうがの摂り方は、一日に大さじ1杯(30g)程度です。一度に食べるより、小分けにして食べるほうが効果があるとされています。

酢しょうがの摂り方は、冷ややっこや麺類の薬味で食べることがおすすめです。

s2

おすすめの「飲む生姜の力3本セット/生姜茶3個セット」では期間限定まとめ買いキャンペーン中です!!

s3

 

 

 

酢しょうがはとてもダイエットに効果的!!

s4

 

酢しょうがは体温を温めることや免疫力をアップする効果もありますが、嬉しいことにダイエットにも効果があるといわれています。

夏までにスッキリと痩せる方法、それが酢生姜ダイエットです!!酢しょうがといった組み合わせは「いかにも効きそう!」という感じですね!「酢プラスしょうが」でまろやかな食感に変化しています。

酢としょうがはダイエットにはとても効果があるといわれている食材。酢を摂ると血圧を安定させる働きや、体内の脂肪を減らす働きがあるのです。

酢は腸の働きを整えることで、余分なものを外に排出させる働きがあります。また、しょうがの働きでは、「血液の流れをよくする」といった効果で体を温めてくれます。

体温が上がってきて脂肪が燃焼されることでダイエット効果が見込まれるということです。

 

酢しょうがのつくり方の割合では

 

・酢~80cc

・しょうが~80g

 

酢としょうがの割合は1:1だと覚えておくと便利でしょう。しょうがの刻み方は、スライスしてもあとの料理に使いやすいです。

調味料として使う場合には、小さく刻んだ方が便利みたいです!酢しょうがを食べやすくする方法としては黒酢がおすすめなのですが、りんご酢や果実酒などを使うことでよりフルーティーで食べやすくなってきます。

また、はちみつを入れる場合の割合は

 

しょうが:酢:はちみつ=5:5:1 と覚えておくと便利でしょう。はちみつを加えて一晩寝かせておくともっと美味しく食べやすくなってきます。

 

ショウガオールおすすめ!!ホットなしょうがで不妊を改善しよう!!

s5

 

 

 

不妊の原因は冷えにあるといわれています。その原因は卵子が非常に弱いからです!!

冷えが慢性化してくると血のめぐりが悪くなってしまいます。血流が悪くなることでホルモンバランスは乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンが減少することから、生殖機能の低下を招いてしまいます。妊活は温活といわれるほど冷えは防ぐことが必要になってきます。冷え改善するためにも、しょうがをうまく利用することが必要になってきます。

しょうがの効果を上げてみるとその体に対する効果もすごいものがあると思えます。

それは血行促進・血液さらさら・免疫力アップ・強心・コレステロール・喉の炎症改善・高血圧の予防・血栓の予防・酸化防止・炎症作用・がんの抑制・解毒・鎮痛・抗菌・生殖機能の改善・体の温め作用など多岐にわたります。

 

 

酢しょうが&ジャム

s6

 

 

 

マーマレードやいちごジャムに酢しょうがを混ぜて塗ります。さっぱりと美味しく食べることができます!

(お好みのジャムに酢しょうがを混ぜて合わせます)

 

 

しょうがは女性には嬉しい効果が多く、病気や体調不良のときでもしょうが湯などがおすすめです。しょうがは中国では昔から漢方薬に使われていることが多く、風邪のお薬として必須な食材であるといわれています。

自然の生薬のしょうがは冷えを改善して不妊を治してしまうほどといわれています。とくにしょうがの中でも「金時しょうが」は効果が高く、基礎代謝を高めたり、体温を上げるためには「金時しょうが」が多く使われています。

 

 

まとめ

 

生のしょうがは炎症は抑えてくれますが、芯から体を温めてはくれません。深部の体温を上げる効果はあまりないとされています。

しょうがに含まれるジンゲオールは加熱することでショウガオールに変化します。このショウガオールが血行をよくしてくれます。生のしょうがではなく火を通したものが理想的だといわれています。しょうがを酢&ジャムにしておくといろいろな食べ方もあり、はちみつを加えるなら妊活にもさらにおすすめです。

関連する記事

カテゴリー