アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

いつまでも若くいたいの!おすすめエイジングケア法3選!

1

 

女性は誰だっていつまでも若く美しくありたいものですよね。

 

もちろん、エステや美容整形外科にて施術を受けることで短期間にて美しくリフトアップすることが可能ですが、節約中の主婦にとってはなかなか一歩足を踏み出せないというのが正直な所でしょう。

 

そこで今回こちらでは自宅や日常生活を送る上で今すぐチャレンジできるおすすめのエイジングケアを3項目ご紹介させていただきます。

 

最後までどうぞお付き合いください!

 

若さの元は食事から!エイジングケアに効果的な食事内容は?

 

2

美・若さを築き上げるには外側よりも内側からのケアを徹底的に行うことが何よりもの重要ポイントとなります。

 

1.抗酸化作用の高いフィトケミカルで体のサビを排除!

 

抗酸化作用の高いフィトケミカルは具体的にはどのような食材に含まれているかと申しますと、トマト(リコピン)・黒豆・アサイー・マキベリー等のフルーツなどがあります。

 

フィトケミカルは外敵を守るべく蓄えられた成分のことを指し、人間が摂取することで高い抗酸化作用に期待することができます。

 

上記以外の食材以外にもバナナ・にんじん・かぼちゃ等の食材にもフィトケミカルは豊富に含まれていますので野菜・果物類は日頃からたっぷり摂るよう心がけましょう。

 

2.お肉・お魚のタンパク質・コラーゲンもバランス良く摂取

 

美に敏感な女性であればダイエットを実践している方も多いかと思いますが、ダイエット中お肉やお魚を我慢することで体重が減ってもお肌がガサガサになった経験はございませんか?

 

健康的で若々しいお肌をキープするためにもお肉やお魚に含まれるコラーゲンやタンパク質は重要な栄養素の一つです。

 

特にお魚の中でもイワシ・サバ等の青魚にはオメガ3脂肪酸という成分が含まれており

新陳代謝の促進や血流を良くする作用がありますので

エイジングケアにはもってこいの魚類と言えるでしょう。

 

 

3.体を美しく保つ良質な脂質を

 

お弁当やファストフードに多く含まれるサラダ油は悪玉コレステロールを増やし、

血管に脂肪を溜め込み、血流が悪くなることから老けの原因共に動脈効果や心筋梗塞といった病を引き起こす原因にもつながります。

 

血液をサラサラにし、健康的な体を維持する善玉コレステロールを増やすにはオリーブオイルやα-リノレン酸を豊富に含むえごま油や亜麻仁油といった良質な油を取り入れていくと良いでしょう。

 

”人気女優も実践中”起床後は洗顔料を使用しない

3

一流メイクアップアーティスト200人が選ぶ美肌芸能人ランキングにて1位に輝くという素晴らしい経歴を誇る綾瀬はるかさん。

 

彼女の普段の洗顔法について調べてみたところ、夜はメイクを毛穴に残さないようしっかりとクレンジングにて化粧を落とし、朝に関しては”洗顔料を一切使用せずに水だけ”で洗顔を行っているそうです。

 

この洗顔方法は、綾瀬はるかさん以外にも黒木瞳さん・はるな愛さんなど様々な

芸能人〜モデルの方が実際に取り入れているエイジングケア法です。

 

朝・夜しっかり洗顔料を使用している方も多いかと思いますが、お肌は洗いすぎてしまうと乾燥し老化へとつながってしまいますので朝は水だけの洗顔で十分と言われています。

 

また、寝ている間にお肌を再生する働きをもつことから起床後のお肌は自ら生産した良質な美容成分を覆っている状態にあります。

 

そこへ洗顔料を使用して全て覗いてしまうのは大変もったいないので極力水だけで洗顔を実践していただくことをおすすめ致します。

 

アンチエイジングの鍵は睡眠にある!

 

4

睡眠には心の休息だけでなく細胞の修復等の作用もあることから、日常的に質の高い睡眠時間を確保することで脳やお肌の老化防止につながり効率よくエイジングケアを行うことが可能です。

 

<睡眠の質を上げる方法>

 

・寝る2時間前にスマートフォンやPCのTVを見ない

・毎朝決まった時間に起床し、太陽の光を浴びる(セロトニンの分泌)

・レタスやバナナ等安眠効果のある食べ物を食べる

・アロマオイルや入浴剤を使ってお風呂でリフレッシュする

・自分に合った寝具を選ぶこと

 

今回は自宅で実践できるアンチエイジング術について3項目ご紹介させていただきました。

 

美や健康は毎日の積み重ねがあってこそ。

 

是非若々しいお肌・体を築くためにも今回取り上げたアンチエイジング術を

継続的に取り入れてみてくださいね。

関連する記事

カテゴリー