アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

働く貴方にお勧め!外食ランチで選ぶべきアンチエイジングメニューとは?

img_59144ccfddc69

 

働いているとお昼は外食になってしまったり、付き合いでも外食に行くことが増えますよね。

外食ばかりしていると肌荒れしたり、太っちゃいそうと、思っている女性は多いのではないでしょうか。

そんな女性のために、外食でも太りにくく美容にもいいメニューをご紹介しますので参考にしてみてください!!

どんな物を食べればいいの?

 

私たちの身体は呼吸をし、酸素を取り入れていますね。

この酸素は栄養素と一緒にエネルギーを作り出していますが、余った酸素は「活性酸素」に変化します。

活性酸素は身体の中から老化を進めてしまい、代謝も悪くします。

代謝が悪いことで摂取したエネルギーを燃焼しきれなくなってしまうのです。

これが肥満の原因になります。

 

ではどうすればいいかと言うと、この「活性酸素」を撃退する働きがある「抗酸化物質」を多く摂ればいいのです。

私たちの身体にも抗酸化酸素が備わっていますが、「活性酸素」が増えすぎると対応しきれなくなってしまうのです。

 

なので、アンチエイジング効果が期待できる食べ物とは、抗酸化作用のあるものを食べればいいのです!

 

 

おススメのアンチエイジングメニュー

 

・パスタ料理で選ぶのなら「トマトソースのパスタ」

トマトに含まれているリコピンには抗酸化作用があります。

生よりも加熱して油と一緒に食べるほうが、リコピンの吸収率が上がります!

 

・スイーツを選ぶときは「ベリー系」

ブルーベリーやイチゴ、ぶどうなどの入ったスイーツを選ぶといいですね。

アントシアニンを取り入れることができ、抗酸化効果が期待できます。

 

・ディナーでは「和定食」

成長ホルモンの分泌を促す肉や魚がおすすめ!

味噌汁の具には海藻のわかめや豆腐など、抗酸化作用のあるものが入っていますし、副菜などでも抗酸化作用のあるB-カロテンなどを摂ることができます。

 

・野菜たっぷり「鍋料理」

野菜がたっぷり入った鍋料理を選びましょう!

肉や魚、豆腐なども入っていると、よりバランスよく食べることができますね!

 

・「お蕎麦」もおすすめ

抗酸化成分のルチンだけではなく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

血圧を下げる作用もありますよ。

 

・野菜たっぷり「サラダ」や「温野菜」を食べよう

サラダには食物繊維や酵素が含まれていて血糖値の急激な上昇をおさえたり、消化力、代謝をあげてくれます。

野菜の中でもトマト、にんじん、ほうれん草など色の濃い野菜には強力な抗酸化物質が含まれています!

 

食べ方で注意する点は?

 

・サラダを食べるときはドレッシングを少なめに!

ドレッシングに含まれている糖分で血糖値が上がってしまいますし、かけすぎは太る原因になってしまいます。

 

・シンプルな調理法

肉や魚などは余分な糖質や添加物を摂らないように、シンプルな調理法がおすすめです。

塩焼きや蒸し料理がいいですね。

肉や魚、卵などのタンパク質は不足すると代謝が悪くなり、太りやすい身体になります。

 

・食べる順番を意識しましょう

野菜を先に食べることで消化力をあげ、血糖値の上昇や脂肪の蓄積を予防してくれます。

野菜、タンパク質、炭水化物の順番で食べるのがおすすめです!

 

・食事中の水分

食事中の水分は飲むたびに消化が安定せず、消化不良を起こしてしまいます。

そして身体の代謝力も下がってしまいます。

食事中の水分摂取は太りやすくなる原因になるので、喉が渇いたときに潤すという感じで一口ずつ飲むようにするといいですよ。目安はコップ一杯程度です。

 

食べるものや食べ方に気をつけていれば、外食も我慢することありません。

我慢してストレスを溜めるほうがお肌に悪いですね!

外食も楽しみつつ、綺麗な自分を手に入れちゃいましょう!!

 

関連する記事

カテゴリー