アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

食べる順番に気をつけて!食生活から改善できる若見え術

2017-04-17-21-24-24

 

最近「あまり食べていないのに太ってきたな」と感じることってないですか?何を食べてもぜんぜん気にならなかったころよりも、量にも素材にも気を使っているのにどうしてかしら・・・。肌にいいといわれればその食材をとるし、サプリメントなんかもとっているのに、いまひとつ効果を感じられません。

 

実はそれにはちゃんとして理由があるようなんです。残念ながらだんだんと年齢を重ねていくにつれて体の代謝機能は低下していきます。それによって、体のボディラインが崩れていく、白髪や抜け毛が増える、肌がたるんだり、しわが出来たりくすみやしみが増えるなどのいわゆる老化と呼ばれる現象が出てきます。

なんとも、目を背けたくなるような現象の数々ですが、その原因は一概に加齢だけとは言えず私たちの毎日の食事にもあるようなんです。

 

食事といっても、いわゆる食べないほうが良い食材があるということではありません。では「食材でなかったら、何なの?」と思われますよね。そうなんです。今回ご紹介していくのは「食べる順番」なんです。「食べる順番」に気をつければそういった現象を緩和できるかもしれない、さらにはよりいっそう若さを保てるかもしれないということについてご紹介していきたいと思います。

 

老化の敵は「糖化」!

 

2017-04-17-21-24-30

まず、老化は何によって促進されていくのでしょうか?最近それは「糖化」にあると注目されています。糖化というのはずばり糖質を多くとりすぎると体の中で分解しきれなくなった糖分が同じようにとったたんぱく質と結合し糖化反応をおこします。そしてたんぱく質が異常化しAGE(糖化最終生成物)を生み出すことで体を酸化ストレスを増大させて老化を加速していきます。

それらが血管や細胞、肌、骨の老化を進めてしまう原因になるとされているんです。

 

あなたもやっていない?老ける食べ方

2017-04-17-21-24-35

では「糖化」が怖いから、そういったものを食べなければいいのでは?と思われるかもしれませんが、糖質は体を構成する大切な栄養素のひとつですから取り入れなければいいというものではありません。

「糖化」に気をつけるというのは「血糖値を急激に上昇させない」食べ方に気をつけるということなんです。

 

ですから、何かを食べないということではなく、普段やっているかもしれない「老ける食べ方」を見直せばいいだけなんです。一例で考えて見ましょう。

 

・ハンバーグ

・サラダ

・煮物

・味噌汁

・ごはん

 

この「ハンバーグ定食」を食べるとしたとき、あなたはまず何から食べますか?

味噌汁→ごはん→煮物→ハンバーグ→サラダのような食べ方をしている人がいた場合、「糖質」の多いご飯やお芋などが入っている煮物をなるべく後回しにし、味噌汁やサラダを先に食べ、その後たんぱく質や煮物、最後にご飯を食べるという順序がお勧めなんです。

 

味噌汁→サラダ→ハンバーグ→煮物→ご飯の順序で食べれば、急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来るんです。

 

コツさえつかめれば簡単!老けない食べ方

 

2017-04-17-21-24-40

気づきませんか?この食べ方ってコース料理の順序とほぼ同じなんです。和食の場合は最後に食事としてご飯や味噌汁が出てきますし、洋食の場合もイタリアンではパスタは後半に出てきますし、フレンチではサラダやスープ、前菜、メインと続きます。パンは添え物程度です。

 

これをヒントに毎日の食事の順番をちょっと変えるだけで、血糖値の上昇を防ぐことが出来、糖化を防ぐことで若くいられるならば試さない手はありませんね。

関連する記事

カテゴリー