アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

若さの秘訣、それは日本食にアリ!

img_58edfad258b52

 

毎日の食事で美味しく若さを保てることができれば素敵ですよね。

若々しい方は、どんな食事をされているのかと年齢を感じさせないアンチエイジング世代の女性に食生活を伺ってみると皆、共通して「和食」をいただいているという事で

今回は2013年に「和食」が世界遺産に登録された日本が誇る「アンチエイジングな日本食」についてご紹介させていただきます☆

 

一汁三菜を基本に六大栄養素をしっかりとる

img_58edfad98d451

・炭水化物

・脂質

・タンパク質

・ビタミン

・ミネラル

・食物繊維

 

上記が六大栄養素です。

日本食は、この六大栄養素をバランスよく摂れるのも若さや健康の秘訣なのだそう。

ごはんに汁物、栄養を考えた料理を三品いただく事が理想的です。

 

「まごこわやさしい」はご存知ですか?

 

日本食の基本の食材の頭文字をとった「まごこわやさしい」は昔から使われている有名な言葉ですね。

 

・ま→まめ(豆類)

・ご→ごま

・こ→こめ

・わ→わかめ

・や→やさい

・さ→さかな

・し→しいたけ

・い→いも(芋類)

 

といいますが、皆さんは「まごこわやさしい」しっかり摂れていますか?

 

どれも必要な基本の栄養ですが、とくに若々しい身体に必要なオススメ食材は

豆、ごま、魚です♪

 

豆類の中でも大豆はオススメです♡

 

img_58edfae096f19

豆は特に大豆がアンチエイジングにオススメで、イソフラボンに含まれる成分が女性ホルモンに作用し、ホルモンバランスを整えてくれるので美容効果が高いのです♪

 

その他にも、大豆レシチン成分は血管内の老廃物や余分なコレステロールを排出する効果があり、動脈硬化の予防に最適です。

食物繊維も豊富で便秘の改善にも繋がり腸内環境も良くなりますよ♡

 

また、良質なタンパク質として有名な大豆たんぱく質で低カロリーなのに高たんぱくな栄養が補えるのです!!

 

魚は青魚でEPAとDHAをしっかり摂ってアンチエイジング♪

img_58edfae506fc5

 

サンマは和食の定番ですが、サンマに含まれるEPAは動脈硬化や心筋梗塞を予防し、DHAも豊富で脳細胞を活性化してくれる栄養が豊富に含まれています。

 

サバ、ブリ、アジやイワシなどの青魚は刺身にするとDHAやEFPを効率よく摂取できると言われていますので積極的に食べたいですね!

 

ごまの抗酸化作用は錆びない身体作りに最適です☆

img_58edfae8ade4f

 

ゴマグリナンにふくまれるセサミンという栄養素は、抗酸化作用が豊富で酸化しにくい身体にしてくれる働きがあります♪

またビタミン、カルシウム、マグネシウムや鉄分などが豊富で最強なアンチエイジング食材なので毎日摂れれば理想的ですよね♪

 

ちなみに筆者は毎朝、納豆に「すりごま」を沢山入れて食べていますよ♡

どちらもスーパーなどで手軽に購入でき豊富な栄養が摂れるのでオススメです♪

 

 

調味料にもアンチエイジング効果が!

img_58edfaed4d726

日本食に使われる調味料として最も有名な「味噌」「醤油」ですが

 

味噌は乳酸菌や酵素が豊富に含まれているのです♪

美肌効果が高い調味料ですが、酵素に関しては熱に弱いので生食でいただくのがオススメです。

 

醤油は強い殺菌作用があり大腸菌などを死滅させ消化を助ける効果があると言われています。アミノ酸も豊富に含まれているのでお肌のハリやツヤをサポートする働きがあると言われていますよ♡

 

 

いかがでしたか?

健康と若々しさを維持する為に、一日の中で最低でも一食は日本食をとりたいですね!

積極的に「まごこわやさしい」食材を摂れるような食生活を意識してアンチエイジングしましょう♪

関連する記事

カテゴリー