アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

新感覚スポーツ「ノルディックウォーキング」を始めよう☆

a1

 

体への負担が少ないのに、効果が高い「ノルディックウォーキング」をご存知ですか?

専用のポールを使って全身の筋肉を沢山刺激できるフィンランド発のスポーツです。もともとクロスカントリーチームが夏季のトレーニングとして考えられたメニューだけあって、その効果は絶大‼

今回はそんなノルディックウォーキングを始めるにあたって知っておきたいことや必要なものをまとめてみました。

 

全身運動「ノルディックウォーキング」

a2

 

体力づくり、スタミナUPや減量にも効果的なノルディックウォーキング。正しく行えばなんと全身の筋肉の90%をも使うため、首コリ肩コリの解消なども期待でき、普通のウォーキングに比べえてエネルギー消費がなんと20%も増加します。

また、リハビリなどにも応用されるほどで、年齢や性別に関係なく体への負担が少なく始められるスポーツなんです。ヒザなどの関節にちょっと自信のない人や、日ごろ運動し慣れない人でも始めやすいですね。

 

 

必要な道具

いざ始めるとなれば、どんな道具が必要なのでしょうか??

 

1・ノルディックポール

 

a3

スキーのストックのような2本で持つポールです。これを持たなければ始まりません。

ポールの長さは「身長×0.65~0.68」を基準に選びます。地面に垂直に立てて持つと肘が直角に曲がるぐらいの長さです。たいていのメーカーで伸縮可能なものが売られていますので、自分に合った長さのものを見つけましょう。スポーツ用品店などで2本セット約¥10,000~20,000程で売られています。

 

 2・グリップ、ストラップ

ポールを強く握りすぎると血圧が上昇してしまうことがあるので、それを防ぐ専用のグリップという道具を使うと体への負担が減らせます。また、ストラップがあると腕を前後に振る際にスムーズになり、楽に歩くことができます。もともとストラップがついたタイプのポールもありますが、グリップ、ストラップ単体でも購入ができます。こちらはそれぞれ¥3,000~10,000ほど。

 

 3・シューズ、ウェア

専用のものがあるわけではありませんが、実際に始めると汗をかくほどの運動になります。ウォーキング用やランニング用のシューズやウェアがあると良いですね。

そのほかには万歩計、手荷物を入れるポーチやタオル、タイマーや心拍計もあると便利です

a4

 

ノルディックウォーキングの歩き方

まず、どんなスポーツも準備運動は大事です。全身の筋肉を使うノルディックウォーキングもしかり。しっかりストレッチをします。

 

a5

 

ポールがウォーキング中に離れないようしっかり握って、踏み出した足と反対側のポールをかるく地面に付き、体を前へ移動させます。

ポールの角度は変えずに腕を後方へ押しやるようにグッと体を前進させます。

 

a6

 

普通に歩くのとは全然違い、小さな力で大きな推進力で体が前へと進みます。

景色を楽しみながら♪

 

ノルディックウォーキングは正しいやり方で続けることが重要です。近年では色んな地域にインストラクターが派遣され、レクチャーしてもらえる団体なども増えてきています。

団体でのウォーキングなら、初心者でも安心してスタートできそうですね。

自然を楽しんだり、リフレッシュしながら全身運動できるノルディックウォーキング、要チェックです。

関連する記事

カテゴリー