アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

花粉の季節もキレイで居たい♡dプログラムの「アレルバリア」で乗り越えよう

d1

 

日ごろお肌は強いほうだと思っていたのに、花粉情報が流れ始める季節になるとなんとなく肌がかさつく…ファンデのノリが悪い気がする…くずれてしまう…そんな貴女は「ときどき敏感肌」かも知れません。

移ろいやすい女性の肌をずっとキレイに保つための資生堂dプログラムから「アレルバリア」のBBタイプが出ました。今回はその特長を合わせてご紹介します。

 

 ときどき敏感肌って??

d2

 

春になると「ときどき敏感肌」の一因になる空気中の微粒子汚れが訪れます。花粉やちり、ほこり…気を付けていてもすべてを防ぐことは難しいですよね。

加えて春のお肌は、冬の長い乾燥&栄養不足状態を乗り切り、ちょっと体力を使い切って疲れてしまっている状態です。バリア機能も落ちてスカスカになったお肌に微粒子汚れが乗ることで、日ごろお肌のダメージをあまり感じない人でもかゆみやかさつき、赤み、メイクくずれ、小さなニキビなどといったトラブルを感じてしまうのです。

 

 

 

アレルバリアの特長

d3

 

1・肌を花粉やちり・ほこりといった微粒子汚れから守る「アレルバリアテクノロジー」

春のお肌はささくれて微粒子汚れが侵入しやすい状態。特殊な均一の膜をお肌に張りめぐらせて、微粒子がお肌に直接付着することを防ぎ、お肌をトラブルから守ります。

 

2・紫外線をバリア

紫外線対策って実は年中大事なんです。しわやたるみの原因となる紫外線A派は一年を通してそこまで量は変わりません。紫外線による光老化は肌の体力を奪い、春のお肌にさらなるダメージを与えます。

アレルバリアはSPF40のPA+++。しっかりA派を防ぎつつも、肌を荒らす原因となる紫外線吸収剤不使用という嬉しい処方。

 

3・美容液効果でキレイ

くずれたバリアを修復し、お肌を守るエリスリトール、グリセリンからなる「H-スタビライジングA」を配合。

 

4・下地効果でキレイ

ファンデーションの下地として使うことでお肌を整えてくれます。

 

 

 

今のケアにプラスするだけ♡使い方

d4

出典:https://www.shiseido.co.jp

アレルバリアにはローション、エマルジョン(乳液)、エッセンスとがありますが、2017年1月、新たにエッセンスにBBタイプが追加されました。いずれも紫外線防御効果、下地効果を兼ね合わせいるので、もちろんアレルバリアのローションなどとライン使いもOKですし、手持ちのスキンケアにアレルバリアのエッセンスを使用した後ファンデーションをつける、という使い方もできます。

金額はいずれも40mlで¥3,240。

それぞれ2層タイプになっているので、よーく振ってから、化粧水などでいつものお手入れのあとに使用します。

1円玉大を手に取り、全体になじませたあとにメイクをします。

テクスチャーは軽くてとても伸びが良くメイクもなじみやすくなりました。

今までアレルバリアのクリームを使用していた人も、「クリームタイプはニベアくらいで少し重く感じていたがこちらは本当に使いやすい!」という口コミも多数です。ときどき敏感肌の方は、お肌表面に重たく残るテクスチャーは時間が経つと刺激になることもあるので、エッセンスタイプがオススメですね。

 

d5

 

お読みいただきありがとうございます。

春は新しいことにチャレンジしたくなる季節ですが、お肌が荒れてしまっては気分も下がりますよね。衣替えとともにスキンケアも衣替えして、荒れないお肌作りをしてみてはどうでしょうか♪

関連する記事

カテゴリー