アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

医薬部外品じゃないけど!アルブチン配合の化粧品 おすすめ10選

s4

 

アルブチンの効果は美白化粧品などで確かめられているものです。肌を白く漂白するとして美容皮膚科などでも使われているものです。

最新の美白化粧品には、とくに硬化と安全性が高いα-アルブチンというものが使われています。

 アルブチンは美白用の成分として化粧品に配合されています。

 

肌年齢が高くなってくることで、肌の代謝が落ちてターンオーバーが正常に行われなくなります。するとシミやシワなどが目立ってきます。

シミやソバカスができる原因は主に紫外線です。紫外線から肌を守るためにメラニン色素がつくりだされています。

体の代謝が悪い場合や紫外線を浴びる量、過剰につくりだされるメラニンのために、肌にはメラニン色素が残って色素沈着を起こしています。それがシミやそばかすになっていくもとなのです。

メラニンはシロチナーゼといった酵素で合成されています。シロチナーゼが分泌されるとメラニン色素を合成します。アルブチン、ハイドロキノンにはチロシナーゼの過剰な生成を抑制する強い働きがあります。

美肌対策としてメラニン色素の過剰な生成を抑え、色素沈着の予防としてとても有効です。

 

アルブチン配合の化粧品 おすすめ10選

 

アルブチン配合の人気の化粧品を紹介します。

 ・白潤 薬用美白化粧水 しっとりタイプ

s1

 出典 http://www.cosme.net/product/product_id/10039090/photo/503254525/num/0

リッチな使用感で、美白有効成分アルブチンやヒアルロン酸Na、ビタミンC誘導体などが配合されています。保湿効果で潤いをキープできます。

 

 ・メンターム  ホワイトハンドクリーム

s2

出典 http://www.cosme.net/product/product_id/10085620/top

尿素と美白に惹かれて購入する人が多いです。べたつくこともなく印象がよいです。

 

 ・なめらか本舗  サナ なめらか本舗 薬用しっとり化粧水

s3

 出典 http://toffeylove.seesaa.net/article/406626965.html

白いふっくら肌のために、豆乳イソフラボンのしっとりタイプの薬用美白化粧水です。より保湿と透明感を感じるように商品化してあります。

 

 ・ベラフィネ クリアホワイトエッセンス

s4

出典 http://www.shinnihonseiyaku.co.jp/shop/g/g4253/

美白有効成分アルブチンを配合した美白美容液です。オウゴン・アロエなど7つの美容成分も配合されています。

 

・無印の低刺激の美白化粧品

s5

 出典 http://xn--01-g15c86dx74ftzhsif.net/

無印のプチプラ美白化粧品にはビタミンC誘導体を配合してあります。シミの原因のシロチナーゼ酵素を阻害する働きがあります。

 α-アルブチンを含む化粧品

 

・プロメ プロメバラード

s6

 

出典 http://monipla.jp/prome/etp_review_item/pdcd-116/

ヒアルロン酸をはじめ、フコイダンやセイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アルブチン、ポリグルタミン酸などの保湿成分配合の美容液です。

 

・ポルトA アクアリッチ モイストジェル

s7

出典 http://review.rakuten.co.jp/item/1/216001_10000209/1.0/

α-アルブチンが含まれているオールインワンクリーム、洗顔後にはこれひとつで潤います!美容成分がしっかりと含まれて30秒でスキンケアができてしまいます。

 

・ポルトA エッセンスB.Bクリーム

s8

出典 http://review.rakuten.co.jp/item/1/216001_10000152/1.1/

α-アルブチンが含まれたB・Bクリーム。伸ばすほどに肌になじむ心地よさがあり、べたつき感がなく、素肌呼吸できる感じでもカバー力もあります。

 

・ポルトA ホワイトモイスチャーローションEX

s9

出典 http://item.rakuten.co.jp/seflor/c/0000000100/

肌に刺激もなく価格的にも手ごろです。肌に伸ばすととろみを感じます。

 

・DHC   ラスティングホワイト クリームファンデーション

s10

http://www.cosme.net/product/product_id/2940711/top

 

リピーターが多く化粧下地の代わりに使う人もいます。化粧崩れが気になりにくいです。カバー力もあってコーンシーラーが必要ありません。

 

アルブチンの種類にはβ-アルブチンとα-アルブチンとがあります

 

アルブチンにはβ-アルブチンとα-アルブチンとがあります。β-アルブチンは昔から美白効果があるとされて多く利用されてきています。

 

しかし、α-アルブチンにはβ-アルブチンの10倍もの美白効果があるということがわかりました。

 

アルブチン配合の化粧品でも市販されているものの中では、α-アルブチンなのか、β-アルブチンなのかを確認する必要があります。

 

アルブチンのよさはビタミンCといっしょに使うことでさらに効果が高くなります。また、ビタミンCといっしょにアルブチンが配合された化粧品も販売されていますので、購入するときには確認しておくとよいでしょう。

 

まとめ

アルブチンの美白効果はビタミンC誘導体よりもはるかに高い効果があるといえます。美白効果を早く実感したいという方には、アルブチン配合の化粧品がとてもおすすめです。価格的にはいつもの化粧品よりも多少値が張りますが、試してみる価値は高いと思います。

 

 

 

関連する記事

カテゴリー