アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

厚塗りは老けて見える!?ファンデーションは薄付けで素肌感を!

c1

 

 

メイクの下地としても活用される、メイクの基本ともいえるファンデーション。しかし、厚く塗ってしまうと、逆に老けて見られがちになるので、ファンデーションは薄付けをした方がいいのです。

今回は、そんなファンデーションの知識について解説していきます。薄付けすることで、素肌感を演出して、自然体なナチュラルメイクになっていきます。興味がある方は参考にしてみてください。

 

ファンデの厚塗りは老け顔のもと

c2 

メイクを長時間持たそうと考えるあまり、ファンデーションを厚塗りにしてしまってはいませんか?実は、ファンデーションは厚く塗ってしまうほど、老けて見られて時間が経つにつれてメイクが劣化してしまうのです。

 

特に40年代のメイクは、マット肌と呼ばれるナチュラルメイクと反対のメイク方法が主流でした。その結果、マットなメイク方法は、年齢が高く見られがちな印象を与えることになってしまったのです。

 

あた、厚塗りをしてしまうと、毛穴にファンデーションが入ってしまい、肌のアラが強調されてしまう恐れがあります。さらに時間が経つと、皮脂と混ざりあって汚れて見えるため、厚塗りは年齢を重ねるごとに注意が必要です。

 

ファンデを薄くつけることでナチュラル肌を演出

c3

 

ファンデーションは厚く塗ってしまうと、次のメイクが難しくなってしまいます。基本的にベースメイクであるファンデーションは、薄く均等に塗って位が丁度いいでしょう。そうすると、肌が自然な仕上がりになります。

 

薄くファンデーションを塗るのであれば、パウダー系のファンデーションがおすすめです。ふんわりと柔らかい肌を演出できるので、女性らしさがアップします。また、薄く塗ることで毛穴をカバーすることもできます。

 

厚く塗りすぎると、毛穴やシワにファンデーションが入り込んでしまう恐れがあるため、薄くファンデーションを塗ることで、予防を行うことができます。

 

若く見られるためのキーワードはふんわり感

c4

 

ファンデーションをつけることで、大人っぽくなったり、若く見られたり印象を自在に変化させることができます。しかし、年齢を重ねていくごとに、濃いメイクは老けて見られがちです。

 

若く見られたいのであれば、薄くファンデーションを塗ることです。そうすれば、女性らしいふんわり感を演出することが可能です。薄く塗ることで、輪郭がハッキリしないような形になるので、柔らかくふっくらした肌に見せれるのです。

 

大人びた印象のメイクをする時は、ファンデーションを厚く塗る方法が有効ですが、老け顔に見られてしまう可能性もあります。無難に、薄く塗ってふんわり感を演出した方が、男性受けもいいでしょう。

 

まとめ

c5

 

 

ファンデーションは、メイクをするうえで下地になるので、重要な役割を担っています。しかし、間違った塗り方をしてしまうと、逆効果になり、見た目以上に年齢を老けさせてしまいます。正しい知識を持って、ファンデーションを塗っていきましょう。

 

若く見られたいのであれば、薄く塗って優しい綺麗な女性を演出していきましょう。

 

関連する記事

カテゴリー