アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

同じ化粧水でもこんなに違う!メイクのりが見違える10分パッティング!

img_591418a1e63da

 

 

今使っている化粧水、悪くはないと思うけど、ちゃんと効果があるのかどうかは、いまいち分からない…と思っているあなた。

 

今回は、メイクのノリが見違える効果的な化粧水の付け方についてご紹介します。

 

メイクのノリが良くない理由

 

1-1.血行不良による化粧ノリの悪さ

 

寝不足やタバコ、大量のお酒を飲むなどで、血流が悪くなると顏色も暗くなるので、メイクを重ねてもいまいちキレイに決まりません。

 

 

1-2.毛穴が閉じていて、うまくファンデーションがのらない

 

食生活の乱れなどで、脂肪分が蓄積していると、毛穴がつまりやすくなり、その上からメイクをしても、ゴワゴワしてしまいます。

 

 

1-3.乾燥による化粧ノリの悪さ

 

保湿不足、部屋の乾燥、水分をあまり摂らない事などで、肌が乾燥していることも、化粧のりが悪くなる原因です。放っておくと乾燥がすすみ、ファンデーションを塗ったあとに笑うと、ぱっくりとほうれい線が出来る場合もあります。

 

 

効果的な化粧水の使い方

 

1-1.パッティング

 

コットンにたっぷりと化粧水をつけて、優しくパッティングしましょう。顏全体に化粧水が届くようにパタパタと肌にしみ込ませるようにしていきましょう。10分くらいかけて全体にしみこませていきましょう。

 

気になる部分は多めにやりましょう。肌をしっかり保湿して、きめ細やかな肌にすることでファンデーションがきれいに肌にのります。

 

 

 

1-2.フェイスシートでパック

化粧水を含ませてパックにして、顏全体をパックしましょう。こちらも10分から15分置いておきましょう。こちらもお手持ちの化粧水で大丈夫です。化粧水を含むとフェイスパックになるシートは安く売っていますので、使ってみましょう。

 

 

1-3.冷却法

 

ぬるま湯で洗顔した後、洗面器に氷水を入れておき、数回洗顔します。毛穴がシャキッとひきしまったあとに、たっぷりと化粧水をつけましょう。朝と夜に2回、冷却させることで肌の血流がとても良くなり、顔色も良くなります。

 

 

 

化粧のりを良くするコツと注意点

 

1-1.高い化粧水でなくても量が大事

 

日本の化粧品は、多少安いものでも、品質は良いので、良いものを使うよりも、十分に肌が潤うくらいの量を使うことのほうが大切です。ケチらずに、顏たっぷりに化粧水をつけて保湿しましょう。

 

 

1-2.過剰にケアしすぎないこと

何度も何度も保湿をしすぎたり、化粧水、乳液、美容液、ナイトクリームなど、色々やりすぎても、肌が甘えすぎてしまいます。朝と夜にしっかり保湿をしておけば、肌は自分で回復していけるのです。

 

効果をもっと早く出したい気持ちはわかりますが、やる時にしっかりとケアしたなら、あとは変化していくのをじっくりと待ちましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?化粧水をわざわざ買い替えなくでも良いので、気軽に始められますよね☆使い方を工夫することで、美容効果はもっと上がります☆

 

疲れた顏から脱出して、朝からのりのりメイク♪女子力をどんどん上げていきましょう♪

 

関連する記事

カテゴリー