アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

メイクでリフトアップ!チークでアンチエイジングメイク

r1

 

年齢を重ねると共に頬が下がってきて老けて見えてしまいます。

こんな悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思いますが、チーク1つでアンチエイジング効果が期待できるのです!

若いころからずっと同じメイクをしているなんて人もいるかと思います!

これを機会にメイクを変えてみませんか?

 

チークを乗せるとどういう効果があるの?

r2

 

チークを入れることによって得られる効果は知っていますか?

 

・血色を良く見せて健康的な肌に見える。

・シェーディング効果もあり、乗せる位置によって子顔に見えたりベースメイクで隠しきれなかったシミや毛穴を目立たなくする効果がある。

・華やかさもアップ!!

 

基本的なチークの入れ方は、頬骨に沿って斜め上に色を乗せていきます。

この乗せかたは子顔に見せたい時に効果的ですね!

シャープな感じの印象にもなりますね。

 

この基本のチークの入れ方は頬が下がってきた方には、おすすめしません。

逆に頬がこけて見えたり、余計に老けて見えてしまったりと良い効果は期待できないからです。

 

 

どんなチークを選べばいいの?

r3

アンチエイジングに大切なのは、健康的で透き通ったような血色肌に見せる効果を活かすことです。

 

40代でチークを選ぶのであれば肌も若いころに比べてくすんできているので、キレイ目な色を選ぶようにしましょう。

肌なじみがよくふんわり優しい印象の色を選ぶといいでしょう。

コーラルピンクやコーラルオレンジなどで、ほんのり色づくものがいいですね。

そしてチークのプレスが柔らかめのものを選びましょう。

 

次に細かくて控えめなラメやパール入りのチークを選びましょう。

華やかさもプラスされて自然なハイライト効果もありますし、ハリを感じられるような肌に仕上がりますよ!

あまり派手なパールやラメ入りは、頬のシワなどが逆に目立ってしまう可能性があるのでやめましょう。

 

どんな風にチークを乗せればいいの?

r4

チークを乗せる位置も少し違うだけで老けて見えたり、アンチエイジング効果を期待できなくなってしまいます。

 

チークを乗せる位置はハリや血色感が欲しいと思う場所に色を乗せていきます。

 

若いころは笑って一番頬が高い部分にチークを乗せていきますね。

ですが、40代の場合は笑ったときに一番高くなる部分自体が下がっています。

その為若いころと同じようにチークを乗せていると、逆に老けて見えてしまうこともあります。

チークを乗せるときはそれよりも高めを意識して、頬の正面の真ん中の部分の一番高くなるところにふんわりと丸い感じで乗せるようにしましょう。

ちょうど黒目の下になります。

小鼻と口角の中間の高さより下には入れないようにすると、リフトアップしてみえますよ!

またこめかみの生え際から指2本ぶんくらいあけた位置です。

 

多くの方がこのチークの乗せ方をしているかと思いますが、頬骨にそって斜めに入れるのは頬がこけてきている事を強調し、アンチエイジング効果も期待できないのでNGです。

 

 

チークの乗せかた1つで印象はすごく変わるものだ、ということがわかりましたね!

そしてアンチエイジング効果も期待できるということなので、少しでも参考にしていただけたら幸いです!

 

 

 

関連する記事

カテゴリー