アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

お尻もアンチエイジングできる!お尻を若返らせる食べ物とは?

a

 

 

垂れてしまったお尻を元に戻したいと思ったことはありませんか?実はお尻だって若返りが可能なんです!

 

お尻が変われば印象が変わる!

 

c2

お尻って実はすごい重要な部位で、お尻が綺麗なだけで見た目も変わるんです。

後姿で+10歳!?

年齢と共に基礎代謝が落ちると脂肪が燃焼されず脂肪がついてしまいます。また筋肉が弱くなることでついた脂肪が重力に勝てず下へ下へと垂れ下がります。だらしなく垂れ下がったお尻は見た目の印象を大きく損ないます。後姿だけで損をしている人も多くいます。前から見ても後ろから見ても綺麗な人である為に、お尻は重要な部位なのです。

良いお尻は良い姿勢から

猫背の人は腰の筋肉を弱めてしまいます。そうなると骨盤を支える力がなくなりますので骨盤が歪みます。そうするとお尻の筋肉が弱くなるという負の連鎖を起きてしまいます。また姿勢を良くするためには筋肉が必要です。お尻と姿勢と筋肉はすごく密接な関係であると言えるのです。

 

お尻の筋肉のためにとりたい食べ物!

 

c3

良い姿勢を保ち、良いお尻になるためには筋肉が必要です。その筋肉を形成するのに効果的な食べ物があるのです。

ヨーグルト

既に食べる習慣がついている人も多いであろうヨーグルトですが、筋肉をつくるのに最適な食べ物なのです。良質なたんぱく質ですし砂糖不使用であればカロリーも低いです。また便秘解消やお肌の調子を整える作用もありますのでまさに女性の味方といえる食べ物です。そのまま食べるのが苦手な人は一工夫してドレッシングにしてしまえば、野菜と一緒に摂取することができます。

卵もまた良質なたんぱく質をとるのに最適な食べ物です。またビタミンやミネラルも含まれていますので、筋肉をつくるのにとても良いのです。しかしヨーグルトと違いカロリーは高めです。1個で見てみるとそう高くはないのですが、卵焼きやオムライスなど卵料理は卵を数個使う傾向にあります。ただ栄養面に優れている食べ物ですので摂取カロリーと相談しながらとりたいところです。

 

食べ物+運動でマイナス10歳のお尻を目指そう!

 

c4

食べ物だけで美尻にはなりません。食べ物+運動で効果的にお尻を若返らせましょう。

アップポーズ

足を開いて立ちます。そして爪先立ちをします。かかとを少し浮かせた状態で両手を頭の上で合わせて体全体をまっすぐ上へ伸ばして5秒キープします。5秒経過したら手とかかとを下ろします。これを5回繰り返します。朝晩2セット行いましょう。

 

ダウンポーズ

足を肩幅より大きく開いて、つま先を外側に向けて立ちます。上体を姿勢良く保ったまま、腰を落とし膝を90度まで曲げます。曲げたらまたゆっくり戻します。これを4回やり、5回目は立った状態で腰だけ上下に5回動かします。スクワットと思ってもらえればぴんときやすいかもしれません。これも朝晩2セット行いましょう。

 

いかがでしたでしょうか。お尻がキュッと上がると気分も上がること間違いなしです!

お尻に良いものを食べて運動し、お尻からどんどん若返ってみませんか?

関連する記事

カテゴリー