アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

頑固な手荒れは洗剤かぶれかも? 病院に頼らず家庭で出来るハンドケア

b1

 

自宅でできるハンドケアは様々、乾燥対策から荒れ対策など、状況に合わせてケアをしていきましょう。美しい手元は自宅で簡単にできます。ガサツキを抑えるためにハンドケア商品を使用したり、自宅でオリーブオイルで作れ足りもします。いつもケアをしていて魅力的な指を実現するためにも自宅でできるハンドケアはかかせません。ハンドケアは丁寧に行うことが大切です。 キレイな手をめざすために工夫してケアをしていきましょう。

卵を利用したケア方法

b2

 

 

 

ハンドケアはたまごを使用して行えます。まずは 卵黄のみを取り、 卵白だけにして手に刷り込むように、 両手に行き届かせます。目安の時間としては7,8分くらいこねる感じで手に行き届かせることが大切です。卵一つで簡単にハンドケアができるてくにっくです。安値で、無駄なく手全体への美容効果が期待できます。

 

 

寒い日の水作業には乾燥に注意

 

b3

 

乾燥しているときにでもハンドケアで、十分にシワのない細い指を育成できます。まずは冬は手など乾燥する季節にはハンドケア商品をもってお出かけしましょう。空気が乾燥しているときに、水仕事などでも手が荒れる原因となります。お湯にして手をケアするなど細かいところで手へのダメージを避けることが基本です。また暑すぎてもカサカサ肌になってしまいますので、ほどほどの温度で20度くらいが適温です。

 

 

自宅でハンドマッサージ、疲れをいやす

 

b4

手の疲労回復のためにマッサージを繰り返していくことをお勧めします。手首から手の甲をお風呂上がりにハンドクリームを使用してボディクリームでもOKです。オリーブオイルなどでも十分にアロマ的で癒し効果もあります。マッサージ専用なので調理用などの高価なオイルでなくてもOKです、滑り滑らかになればOKです。特に手荒れは、ひどくなる前にしっかり解消したいところ手がカサカサで荒れてしまうと、爪や手の甲に影響が出ます、その後に更に荒れると解消しづらくなりますので自宅で積極的にケアをしていきたいところです。

 

まとめ

 

スクラブコスメを使用して手を洗うと角質を取り除くことが可能でハンドケアにも十分に利用できます。天然塩は食塩よりもミネラル分も豊富なのでマッサージに利用しやすいのが特徴的です。手洗いから、冬場の水作業などは更に手が荒れることがありますので定期的にケアを継続していきましょう。

 

 

関連する記事

カテゴリー