アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

体は冷やさないで 女性にとっての温活の意味

e1

 

体が冷えることによって起こる体調不良は多く、冷え性は体の毒です。体が冷えを解消することで、体の冷えをとることが可能です。体調不良を治すためには、体を冷や差ないように心がけること、また予防も十分に可能です。体の冷えは低体温の状態なので、免疫力が低下し風邪にかかりやすくなったり、代謝が低下することもあります。体に良い影響はなく体を冷やさないように日ごろから心がけることが大切です。特に冬場から春先、初夏は気温の変化が激しいので油断していると風邪にかかってしまうこともあります。温活ができれば自然と体の健康を整えることができ、寒い日にはしっかり体調管理をしておきたいところです。

 

生活環境の変化がストレスになったりも

e2

体調不良になると、鼻水が垂れて、また体の調子も悪く感じ、体内時計が冷えによって不安定な状態になります。生活環境の変化がストレスになったりもしますので、寒い日や夜に気温が下がる日には注意が必要になります。

 

なぜ冷えると体の調子が悪くなるのか

 

e3

 

体が冷えることで、血液の流れが悪くなります。血液の流れは酸素や栄養素を体内で管理していきます。老廃物の排出にも貢献しますので、 体が冷えているとKの血液の流れが悪くなります。体が冷えると、精神的にも肉体的にも負担がかかり、ストレスになることもあります。体が冷えた状態が続くと免疫機能が低下することがあるので糖尿病、脳卒中にかかることもあります。冷えすぎてしまうと、体調不良を引き起こし、美容面でもデメリットが生じ、肌のノリが悪くなり化粧が浮いたり、または体が痩せて見えたりするので夏の体調管理はしっかり管理しておくことが大切です。

 

できるだけ体を冷やさないように工夫する

 

e4

冷え性はエアコンのきいた部屋に長時間いたり、寝ていると冷性を引き起こします。し、できるだけ体を冷やさないように工夫することも可能です。・適温は28度で、、インバーターエアコンなど温度自動調節器などを利用すれば寝ている間にエアコンを使用していても体が冷えません。体調不良の原因は体が冷えることがきっかけで、血液循環が悪くなり、疲れ、肩こり、なども引き起こし、胃腸の不調、不眠なども影響します。

 

寒い日には湯たんぽ、羽毛布団を使用

 

また、体がだるいと感じることもあり、疲れやすくなってしまいます。体が冷えないように寒い日には湯たんぽ、羽毛布団を使用するなどして、予防も可能です。冷え性の方は事前に寒い日には温かく眠れる環境を準備することで冷え性を予防したり風邪をひきにくくなります。

.

体の血行がよくなり寝るときに体が冷えない

 

 

冷え性による体調不良はそのため個人の体調管理次第です。血のめぐりが濁れば自然に体調を崩してしまいますので、温かくして寝るようにしましょう。また寝る前には柔軟運動をしたり軽い運動をすると、体の血行がよくなり寝るときに体が冷えないのでお勧めできます。

 

 

 

 

関連する記事

カテゴリー