アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

女性ホルモンが減れば減るほど加齢臭は強くなる!30代から始める加齢臭対策

img_59144f7d3856f

 

加齢臭といえば男性のイメージが強いですが、女性も年齢を重ねると共に加齢臭がでてきます。

自分では気づかぬうちに既に加齢臭が出ているかもしれません。

ではどうやって加齢臭対策すればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!!

 

加齢臭が発生するメカニズムは?

 

加齢臭の原因になっているのは、ノネナールという成分です。

皮脂腺から汗が出てきますが、この汗の中には脂質などさまざまな成分が含まれています。

この脂質が活性酸素の働きで酸化し、過酸化脂質という物質に変化します。

これが皮脂から分泌されるパルミトオレイン酸と結合しノネナールが発生し、加齢臭の原因になるのです。

 

男性のほうが皮脂の分泌量が多いためノネナールが発生しやすく、加齢臭が出やすくなっています。

女性の場合は女性ホルモンが皮脂の過剰分泌を抑えてくれているので、ノネナールが発生しにくくなっています。

活性酸素がたとえ発生したとしても、抗酸化作用が強く働いてくれるおかげで加齢臭が発生しにくいです。

ですが、年齢を重ねると共に女性ホルモンが減少し、抗酸化の働きも弱まってきます。

一般的に女性ホルモンの分泌量が低下してくるのは、35歳前後となっています。

アラフォー世代になってくると加齢臭の発生率がとても高いです。

 

早めのうちからしっかりと対策をし、加齢臭を抑えたいですね!!

 

 

加齢臭が発生しやすい場所と、原因は?

 

加齢臭がどこから発生しやすいのか見てみましょう。今後の対策にも役立ちますよ!

 

・ワキ、デリケートゾーン、耳の後ろ、顔、背中、頭皮、胸元、になります。

これらの部分は皮脂腺の量が多いため皮脂の量も増え、加齢臭が発生しやすくなっています。

 

次に加齢臭を発生させてしまう原因になるものについて見ていきます。

 

・肉の摂りすぎ

肉に含まれている脂肪分は汗とともに身体から出てきますが、それが皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

その為、臭いを強くするということに繋がってしまいます。

お肉を好きな人は多いと思いますが、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。

 

・腸内環境の悪さ

年齢と共に腸内の善玉菌が減少してきて、悪玉菌のほうが多くなってしまいます。

腸内の悪玉菌が多いと悪臭を発生させてしまいます。

これが原因で加齢臭もひどくなってしまいます。

 

・添加物による原因

添加物は、加齢臭の原因の活性酸素を増やしてしまいます。

私たちが食べているものの多くに添加物や農薬が使われていて、摂らないようにするのは難しいですが、出来るだけ摂らないように注意しましょう!

 

・お酒の飲みすぎ

お酒の飲みすぎは加齢臭を強くする危険があります。

アルコール自体が強い臭いを持っていて、汗とともに出てきて臭いを発してしまいます。

 

・脂肪分の多いものの摂りすぎ

皮脂から脂肪の分泌量が増え、体臭を強くする原因になるので脂肪分はできるだけ控えましょう。脂肪分を摂るなら植物性のものから摂るといいですよ!

オリーブオイルなどがオススメですね!!

 

加齢臭の対策はどうすればいいの?

 

・大豆製品を食べよう!

女性ホルモンと似た働きをしてくれる植物性のイソフラボンを摂取しましょう。

サプリメントからではなく、食べ物から摂るのが理想的です!

 

味噌、醤油、納豆、おから、豆乳、豆腐、きなこなど。

 

・抗酸化食品を食べよう

活性酸素の働きを抑えてくれる抗酸化食品を多く摂りましょう。

ビタミンCは高い抗酸化作用が期待できます。

アセロラ、ブロッコリー、レモン、ピーマン、イチゴ、キウイ、ほうれん草、小松菜など。

 

ビタミンEも高い抗酸化作用を持ち血流も改善してくれます。

ナッツ類、アボカド、プルーン、ブルーベリー、うなぎ、さつまいも、ほうれん草など。

 

・腸内環境を良くしよう

腸内環境の改善には食物繊維と、発酵食品をバランスよく摂るといいですよ!

 

食物繊維の多い食品

山芋、春菊、ケール、アボカド、サツマイモ、バナナ、ごぼう、玄米、こんにゃく、そばなど。

 

発酵食品

納豆、キムチ、チーズ、ヨーグルトなど。

 

・他にも上記の原因で見たとおり、添加物や脂肪分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎなどに注意し、加齢臭対策していきましょう!

関連する記事

カテゴリー