アンチエイジング情報部

menu

アンチエイジング情報部

顔のマッサージ前には必ず保湿を!滑りが悪いとシワの原因に!?

a1

 

  

 

小顔や美肌効果が期待できる顔のマッサージ。お金をかけなくても、自宅で簡単にできるので、多くの方が実践しているといいます。しかし、そんな顔のマッサージもやり方を間違えれば、シワやたるみの原因になってしまうこともあるのです。

 

今回は、そんな顔のマッサージについて解説していきます。保湿をすることで、シワの原因になることを防げる可能性もあるので、詳しく紹介していきます。

顔のマッサージの効果

 

a2

 

顔の周りには、たくさんのリンパ腺が存在しています。リンパ腺をマッサージで刺激することで、老廃物の排出を促すことができます。その結果、むくみやたるみを改善することが可能になると言われています。

 

また、顔のマッサージを行うことで、全体的に小顔になる効果が期待できます。リンパの流れの影響で、筋肉が鍛えられるので、締まった印象の顔立ちになるでしょう。この通り、顔のマッサージをすることによって、綺麗な肌に演出することが可能なのです。

 

滑りが悪いと逆効果になる

 

a3 

小顔効果やむくみ防止に効果的とされる顔のマッサージですが、滑りが悪いと逆にシワの発生の原因になってしまうこともあるといいます。滑りが悪いと、どういった影響があるのか解説します。

 

・シミ・シワの原因になる

顔はとても敏感で、刺激に弱い性質を持っています。そのため、刺激の強いマッサージ方法を行うと、真皮層が弱ってしまい、シミやシワの原因になってしまう恐れもあるといいます。力加減には細心の注意が必要になってきます。

 

刺激を減らすためには、保湿クリームなどを活用して、保湿した状態でなければ、刺激が強すぎる傾向にあるので、マッサージを行う際には、クリームの使用が望ましいと言われています。

 

・むくみの原因になる

顔のマッサージで滑りが悪いと、血行が良くなるというよりも、逆に血行が悪くなってしまう可能性もあるといいます。その結果、むくみが改善されずに、むくみが悪化してしまうということも考えられます。

 

滑りをよくすることで、肌が圧迫されずにマッサージされるので、顔のマッサージ時には保湿クリームを使用するといいでしょう。

 

顔のマッサージには保湿クリームを使う

 

4 

顔のマッサージを行う際に、むくみやシワ・シミの原因を作らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?結論からいうと、摩擦による刺激を減らすと効果的なマッサージが行えるようになります。

 

摩擦を減らすために有効的なのが、保湿クリームです。保湿クリームを使用すれば、適度な滑りが発生して、肌が圧迫されたり、擦れたりする可能性が少なくなります。この方法を利用すれば、肌に悪影響を及ぼすリスクが減ることでしょう。

 

まとめ

 

a5

顔の印象をよくすることが可能な顔のマッサージ。しかし、正しいやり方で実践しないと、逆にたるみやシワ・シミの原因になってしまうこともあります。しっかり、保湿クリームを利用して、刺激を減らしていくようにしましょう。

 

保湿クリームであれば、肌の乾燥を抑えながら摩擦の抵抗を減らすことが可能なので、肌にも優しいでしょう。顔のマッサージを行う時には、一度試してみるといいでしょう。

 

関連する記事

カテゴリー